自分にとって優良なお店を選ぶ

専門用語や略語に注意しよう

路上でお客さんをキャッチするのは違法行為になっています。
違法行為にも関わらずキャッチをしているお店は働く女の子も路上等でスカウトしている可能性が高く実際トラブルも多いそうです。

風俗を営業するには届け出を出す義務があります。
違法行為でお客をキャッチする店は無届けで営業しているのではないかという心配もありますし、無届の場合は本来は働けない18歳未満の子を年齢を偽って雇用しているかもしれません。
万が一警察の取り締まりに居合わせてしまったら厄介ですよね。

また、本来はNGの行為を専門用語交えてOKだと勘違いさせたり、本当に良いとしているお店も違法で営業していると考えて避けた方がトラブルに巻き込まれずに済むでしょう。

女性目線でお店の情報を調べてみる

全ての接客業でも共通しますが、お店で働く人の環境が良いとお客様の満足度も自然と高くなるものです。

今は働く女の子を路上でスカウトすることが出来ないので求人サイトなどを使って雇用している事が多いようです。
その求人サイトを覗いてみると、どんな女の子が募集されているのか、仕事の内容、待遇などがわかりますね。

またお店選びで外国人を雇用しているお店は要注意と書かれています。
外国人を働かせているお店が必ずしも違法ではありません。
就労ビザや日本国籍を取っていれば問題はないのですが、短期滞在ビザや留学ビザしか取っていないのに働いている事も多いのです。
摘発例が多いことから注意とされているようです。

働く側の目線からみて優良なお店はお客様にとっても有料だと判断できそうです。


この記事をシェアする